So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

飛べはやぶさ

前に「今年の漢字は『隼』でいいんじゃね?」とか呟いていた私に朗報。

渡辺謙主演で「はやぶさ」映画化

しかも、同じはやぶさを主役に6社が名乗りを上げていると言うではないですか。
ワーナーブラザーズとか、マジですか。宇宙人が攻めてこないスペース物なんて、ハリウッド的にアリなんですか?!
↑ 偏見です。ハリウッド=スペオペではありません。

ところが。
そんな話を家人に聞かせたら、「ふ~ん。渡辺謙、飛ぶんだ」と返されて驚愕しました。
え? 
そうなの? 謙さんがはやぶさなの?
私にとって「東映で渡辺謙」とくれば、はやぶさスタッフが主役のドキュメンタリー映画しか思いつかなかったんですが。
そうなんだ。若い子にとっては「渡辺謙=スマートフォン」なんだね……。
私としては「その発想はなかった」なのですが、一般的にはどうなんだろう?
そんな疑問がわいたので、ブログに書いてみる気になりました。

に、しても。
去年のブーム時、よく目にした動画やイラストでは「はやぶさ=少年少女」だったので何となくそのイメージだったのですよ。
それが謙さんだったら、まるで話が違ってきます。
うん。彼なら何があっても任務遂行しそうだよ。だって謙さんだもん。

個人的にはディズニーのはやぶさに興味があります。やっぱ擬人化だよね。はやぶさに顔つくよね。
などと家人に言ったところ。
「でもさー、はやぶさは最後に燃え尽きるんよ? それってディズニー的にどうなん?」
うわぁ。確かにその通りかも。
日本人的にはアレも立派にハッピーエンドなんだけど、「どうなの?」と問われたら自信がない。
でも。それでも「ディズニーの、ちょっと可愛いはやぶさ見てみたい」と思うのでありました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今年もつぐみん [徒然]

毎年ウチの「レストラン・クロガネモチ」を利用しに来るつぐみんですが。
この冬は、なぜか12月半ばに到着していました。
あの、暖冬?→いきなり大寒波の後です。
しかも一羽だけ。あの寒波で飛ばされてきたんじゃないかと疑っています。
本人は特に慌てる様子もなく、日中はぽちぽちと赤い実をつついていました。
時々ムクドリやヒヨドリも様子見に来るんですが、たった一羽だと「縄張り荒らし」にはならないのか無視されてました。
ここ数年の大騒ぎは一体何だったの? というくらい静かな年末年始でしたね。

ウチの庭のレギュラー、スズメ。
こぼれた犬の餌を拾いに来るという話は以前書きました。
最近益々老齢化し、日中も寝ている事が多いわんこ。以前は窓越しの私の視線を感じただけではね起きるほど気合の入った番犬でしたが、最近は「起きろ」とゆすってやるまで気がつかない。
そんな状態のせいか、スズメが大胆になってきました。
「餌は、こぼれる前にいただきます」状態。餌皿の縁にずらっと並んでいる事も珍しくありません。
先日餌箱の中にはいっているのを見かけた時には、「お前、ソレが肉食獣の餌皿だって事忘れてる?」とつっこんでしまいました。
ウチの庭にはコガネモチ以外にも木があるんですが、最近木の根元の土がやたら飛び散っているのに気付きました。
年末に雑草を抜き、チューリップの球根を埋めた場所。おかしいなと思って良く見ると、拳を押しつけたくらいの浅いくぼみが等間隔にできています。
あ! コレがスズメの砂浴び場か!
球根を植えるために深く掘ったから、土が柔らかくなっていたからでしょうか。
等間隔ってのはつまり、球根の場所は避けた……のかな?

去年「家の庭はレストラン」などと書きましたが。
どうやら今年は「ひと風呂浴びて食事とおしゃべりが楽しめるヘルスセンター」と化したようです。
これも一種の進化でしょうか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あなたの街の伊達直人 [徒然]

伊達直人を一発変換したんだけど、どうしよう(汗

そんなわけで、ひとりのユーモアある匿名寄付に始まったこの動き。
すでに「タイガーマスク運動」なる名前がつきそうな勢いです。

サンタクロースでもあしながおじさんでもなく、伊達直人だったことに「きゅぴーん」と来た人が多かったみたいですね。
良いんじゃないかな、と思います。
気まぐれでノリと勢いの寄付、大いに結構。もらう方は何らかの足しになるだろうし、送る方も気分がいいだろうし。
うん、どちらも困らない。
ここで「このような一過性の行動は云々」とか言い出す人も居るだろうけど。
そんなこと言う人こそ、人の善意を過大評価しすぎたと思うんだ。
赤の他人のために自腹切ろうと思い立つだけですごいことだよ。

ほら、タイガーマスクにはなれなくても、伊達直人ならなれちゃうんだ。
そんな風に思わせてくれた最初の伊達直人氏に、敬意を表します。

ちなみに愛媛の伊達直人は、やたら達筆でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

西条~松山の鉄道高速化? [徒然]

JR四国の偉い人が、講演会でそんな話をしたそうです。
高速道路が便利なので、鉄道の利用者が年々減っているのを「なんとかせんといけん」ということらしいです。
まあ、偉い人が集客のために色々考えるのは当然です。
現在海岸沿いをねりねり走っている線路を、高速と同じショートカット路線にすれば便利になります。その通りです。
でも、記事では簡単に「西条-松山を直線で結ぶ複線の短絡線を建設する」と申されてますが。
どうやって?! そこのところを詰めずに発言しても、絵にかいた餅です。
高速は道路だから山を越え、それでも多量のトンネル掘って何とか通せた松山道なのに。
鉄道走らせるためには、いったいどれくらい金がかかるのか。
そんな予算、通るわけがないと思うんです。てーか、「国には銭がないんじゃ!」って叫んでる所に、んな予算通すわけがない。
と、あきれ果ててしまったわけです。
ちなみに。その路線が開通すると……
「松山-高松は約50分短い1時間25分になる」予定だそうです。
対効果費用ってものを考えようよ。正直、三本も橋通してもらっただけで十分じゃないかと思うんだ。
愛媛県はいつまで、公共事業にぶら下がって利益享受狙う気だ。

最後の公共事業云々は、記事に書いてません。私が勝手に考えただけです。
でも、県には絶対そんな金ないもん。この予想はそんなに外してないと思う。

絵にかいた餅では、腹は膨れんのよ。

記事はこちらからどうぞ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の漢字

ご無沙汰しています。生きてます。

先日、家人たちが京都に行きました。修学旅行生で込み合う前にと、早朝まず清水寺に。
すると「今年の漢字投票コーナー」があったそうです。
そうか、あれって清水寺でも投票できたのね。
当然家人も書いてきたそうです。

今年を象徴する漢字。それは……。
隼。

この字を選んだ理由を書く欄もあったそうですが、そこには「これしかないでしょ」と書いてきたそうです。
うん、そうだね。確かにこれしかないと思う……今年を象徴する明るい話題

個人的にワールドカップを推したいんだけど、良い一字を思いつけなかったです。
ん~。ウケ狙って「蛸」とかどうだろう?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

半分どころか、全部あげるよ~鋼FA感想 [鋼FA感想]

FINAL BEST欲しいな~。

屋根を直すエド。どうも、錬金術は使えないみたいですね。
実は、手合わせ練成ができなくなっただけだと思っていたのです。真理の扉を再獲得するのは、不可能なのかな? もう、学びなおしても取り返しつかないのかな。

えっと、グラマンじいちゃんが時期大総統だったみたいです。順当かな。
ブラッドレイ夫人と茶飲み友達してるのが、意外なような納得できるような。
二年でセリム、でかくなってますよ! 胎児みたいな状態から、2~3歳相当に成長してます。
グラマンじいちゃん、あいかわらずワルそうな顔が似合うわぁ。
……ところで。ちびセリムの額にあるちkubiはいったい何?! 凄く気になる~。

グレイシアさんを訪問するアル。和やかな会話が嬉しいです。アルがあまりに美形すぎて、台詞が耳に入らなくて二度三度見直したのは私だけですか?
「僕たちが助けられなかった女の子がいました」
この台詞で、兄弟は錬金術のさらに先を目指しているんだと思いました。新・等価交換の原則も、アルと金鰤の会話を思い出して「たくましくなったなぁ」と感じましたね。
ヒューズ宅を辞したアルが向かった先で彼を待っていたのは……ジェルザンのふたり。
うん、元気そうで安心したよ。しかも、アルと一緒にシンに行くって?!
「野生の!」「勘が!」「囁くぜ!」って、気合入りすぎて笑った。もちろんうれしくて、です。
ニーナを救えなかった後悔は、このオヤジ共にも重なるんだな。あんな重い物を背負って、彼は何て軽やかに笑うんでしょう。今回一番の感涙ポイントはここでした。

アルに続いて西に旅立つエド。駅で妙に不機嫌そうに黙っている辺りから「これはウィンリィに何か言う!」って見ている家族一同の方が緊張しましたよ。これはもう、プロポーズしかないだろうと思ったので、何だか照れくさくて。
ドキドキしながら見守ってたら「等価交換だ!」ですよ。
良く頑張ったよエド、君にしては上出来だ。と思っていたら、ウィンリィの返事がすごかった。
さらっと「全部あげる」と言ってから我に返って照れ照れするウィンリィが可愛いったらもう。エドはもう、一生ウィンリィに勝てないね。彼のパパがそうであったように。

ラストは写真集でした。
パパはかろうじてお墓で登場。トリシャさんとの約束が守れてよかったね。そして、ピナコばっちゃが元気で安心した。ずっと出てこなかったから、「もしかしたら二年の間に?!」って気をもんでたんだよ私。
少佐も、最後にちらっと出て良かった。背景がシン国っぽいんだけど?
リンの王様姿は、結構様になってる。名称不明の男になったスカーも、イイ笑顔だったし。
ゴリハイ、ヨキとなにしてるの? まさかサーカス団とか? いやきっと、サーカスに偽装した諜報活動とか……ええええええ! ロイ、その髭何~~~~~~!
びっくりして一瞬意識が飛んだよ。リザさんはイシュヴァール時代に戻ってるね。
あら。レベッカさんが二代目マダムクリスマス? 両手に花でよかった。

最後の、家族写真。エドとウィンリィが抱いているのはふたりの子供だよね。
隣にいるのはアルと……メイちゃん? あらまー美人さんになって! アルったら、シンから姫様さらってきたの? あるいはメイちゃんがついて来たの?
しかも一緒にいるのがパニーニャちゃんとガーフィールさんってことは、ラッシュバレーで所帯持ったのかな。
楽しかった。原作を読み続けて本当に良かった。
アニメを最後まで見て、本当に本当に良かった。
最後にありがとうと。これを言わなければ終わったことにならない。

あとは、好きに妄想するくらいしかないのね。と思ったら、最後にサプライズ。

劇場版って、何事。監督さんたち、原作を離れて自分たちの物語を作りたいと、そういう所存ですか?

これで終わったとしんみりするはずだったのに。まだまだワクワクさせてくれるんですね!
「何を楽しみにすればいいんだろう」と思っていたのに、こんな事になるとは思わなかったですよ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

いやいい、自分の足で歩く~鋼FA感想 [鋼FA感想]

最終回、です。

最初に登場したのは、なんとノックス先生でした。もう、出番はないと思ってたので意外でした。
大佐の見舞いに来たと判って、納得です。彼が病室でおとなしくしているわけはなく、ブレダ先生つきっきりでお勉強の真っ最中でした。
……あれ? 隣にリザさんが寝てるんですが。いくら軍病院でも、これはアリなの? すでに軍公認で内縁関係なの? なんかちょっと……うーん。
で。勉強の内容がイシュヴァールについて。今まで忙しすぎて、そんな余裕がなかったんだろうなと思いました。
フュリー君の口から出た「恩返し」が多分一番近いんだろうな。救済でも慈善でも贖罪でもなく。彼らは、この問題を解決しないと前に進んだ事にならないのかもしれないです。
というところに現れたマルコー先生。そうだ、彼が賢者の石をもっていたんですよ忘れてた!
どうやら、ドクターズは大佐と取引に来たみたいですね。視力を回復する代わりにイシュヴァールに救いの手を、って。
マルコーさんは、今でも石を使う事に抵抗があるんだと思う。でも、アルが「一緒に戦おう」と石の中の魂に呼びかけたように、マルコーさんも吹っ切れる何かを得る事が出来たなら、いいな。
 ……「私より先に石を使う者がいる」で、きゃーハボック復活?! よし、よく言った大佐! 
実は大佐の目より嬉しかった。ごめんなさい。

スカー、生きてました元気そうです。無精ひげももっさり。白髪人種でも髭は黒いのかそうなのか。
少将はあいかわらず容赦ないです。使える人材はこき使う所存です。最後に振り返って名前を問う辺りの絵と演技が良くて何度も見返してしまいました。
「お前の手で、民族を死から救え」マイルズの台詞が嬉しかった。私もまさにそうして欲しかったから。
以下、無駄な妄想。
「その傷では、いつ正体がばれるか判らん。ほとぼりが冷めるまで仮面でもかぶっていろ。好きに呼んでいいだと? ……なら、今日からお前はミスターブシドーだ」などという鬼畜発言をかます姉御の姿が脳裏に住み着いてしまいました。
元ネタ知らない方、実にすいません。 

というところで、主人公です! 国を救った英雄、なんと徒歩で帰宅ですよ。なんだか「らしい」と感無量です。きっと、自分の足で歩いて帰りたかったんだ。
リンとメイの会話、胸が詰まったです。リンの心の中にグリードはいるんだよ。あのセリフ、彼に聞かせたい! 
リンはきっと、度量の広い良い王様になるんだろうな。彼の作る国を見てみたい。

やっと、ウィンリィの出番です。キッチンに山ほどのリンゴ。隣にあるのはきっと小麦粉の袋。
ウィンリィ、どれだけアップルパイ焼く気ですか。いや、毎日アップルパイ攻めにされても兄弟は文句言わないと思うけど!
彼女の耳にピアスがないのを見て、まだ返してもらってなかったっけ?とちょっと思って。
「お帰り」のシーンはもう、すでに夢の中で何度も見た気分だったので満足です。
うん、ふたりはウィンリィになぎ倒されると思っていたんだ。

Bパートは二年後です。え? いきなり二年後?
エド、たくましくなったなぁと見惚れたけど次に現れたアルを見て、「何、この美形」とびっくりです。いやぁ、彼ハンサムだったんですね。

というところで、一旦切ります。足りない! もっとあの人とかこの人とか取り上げて欲しかった!
Motherというゲームがありまして、私は2が特に好きだったんですが。ラスボスを倒した後、世界中を回って人々の話を聞く事が出来たんです。
物凄く時間かかったけど、私すべての人に会いに行きました。それほど愛着のあるストーリーと世界観だったんです。
できれば鋼でも、そうしたい。会いたい人がたくさんいるんだよ。

登場人物の多い作品だからね~。二回に分けて後日談やってくれてもよかったよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

馬鹿言ってんじゃねえよクソ親父! 張っ倒すぞ! [鋼FA感想]

「生まれた場所に帰れ」。ここまででわずか6分ちょっとでした。
なんて長いウルトラマンタイム×2。

すべてが終わっても、戻ってこないアルフォンス。
お父様相手でもひるむ事のなかったブリッグズ兵も、こればかりは為す術がない。
「ごめんなさい」と泣きじゃくるメイちゃんが可哀そうだよと思っていたら。
なんとリンが「通行料ならある、つかえ」と発言しましたよ。
うーわー。登場時エドの事を明らかに目下扱いしていたリンが! アメストリス訪問の最大理由、賢者の石を差し出したよ!
リンにとってもエドは、一番大切なモノを差し出せるほどの友人になったのねと感無量でした。
さらに、「賢者の石は使わない」と即座に断るエドにしびれました。感傷ではなく、きっと今脳ミソフル回転させて状況打破を考えてる。そんな感じが伝わってきて。
そんなエドを見守る大人たち、そしてパパ。
「俺の命を使え。ちょうどひとり分残ってる」
 そうか、ひとり分か。やっぱりぎりぎりだったんだ(涙
この長い物語で初めて、パパが父親らしい事を言ってます。パパの言いたいことはよく判る。判るんだけど。
最初で最後の親父の言葉がこれって、あんまりだよ。エドの泣き顔が痛々しかった。あんな風に泣くエド、初めてじゃなかった?
ピナコばっちゃ。全読者に代わって、この朴念仁を一発殴っておいてください。

考えて考えて。今まで背中を押してくれた人たちの事も考えて。
ついにエドがたどり着いた結論は?「最後の練成に、行ってくるぜ」でした。
どうなるのかと、心臓バクバクでしたよ。
これで何度目? な真理との遭遇。「代価は?」と問われた返事は何と!
「対価ならここにあるだろ、でっけえのがよ」
えええええ! そうか、そうだよね。アレは個人持ち(え?)だ!
「最初っから、ただの人間だ」
いい覚悟だ。まさか、この物語のカギというべき真理の扉を主人公がブチ壊すとは思わなかった。
「みんながいる」と笑うエドの気負いの無い笑顔が、嬉しい。
んで。真理の声がエドの声になってるのね。今までは違っていたと思うんだけど。
アルの手をとるエド。開いた扉の向こうは……光。暗闇に戻された黒マリモとは対照的です。
そーか、エドの方が背が高くなっていたんだね(感涙
と思ったら、次のシーンは目を開くアル。どうやって現世に戻ったのかがちょっと見たかった。
「おかえり」と手を差し出すパパと、堅く握手するアル。「温かい」って呟きがいいよね。
アルはずっと、温度を感じる事が出来なかったんだから。
それがパパの掌で、よかったね。そして、パパとの会話がすむまで待ってたメイちゃんが健気です。一番に抱きついて、色々言いたかっただろうに。

ラジオを通じて、終結が告げられました。ブラッドレイとセリムは、落命と報道されましたね。
公式見解は大佐の名前。という事は、次の大総統はやっぱりマスタングなの?
茜色の空の下、パパは長い因縁の「奴」の事を考えてます。ああ、本当に「約束の日」は時間にしてわずか半日で、これで終わったんだ。
思いふけるパパに声をかけたのは、アームストロング少佐。「あの二人がいなければ~」って、何気ない台詞なんだけど。
「奴」も自分の血を引く存在だったと考えていたパパには、胸に響くモノがあったみたいです。「ありがとう」に込められた思いは、他の言葉では言い表せなかっただろうな。

でね。
すこし前から呟き続けていた「パパエンプティ」はぎりぎり回避されたと思っていたんです。
「よかった、そうか一人前残ったのか。それは、親子で最後の時間を過ごせるってことだね」
って安心したの。あの「クソ親父!」が最後にならなくて良かったって。
そう思っていたのに!
「魂一人前」が、リゼンブールにたどり着くだけで終わるなんて思って無かったよ!
トリシャさんに会いに来たパパが、じわじわ壊れていく。しかも、「やっぱ死にたくねえって思っちゃうなぁ」って。ここで言うか! トリシャさんにしか告白できなかった本音か!
その一言こそ、兄弟に残してあげてよ~(絶句

というわけで、物凄く濃い30分でした。終わった時には茫然として、何も考えられなかったですよ。
家人は「これで最終回やろ?」と言ってましたが、いやいや! この後が大事でしょ。
セリムはどうなるの? 次期大総統は?
……そうだよスカー生き残ったよブラボー
なにより。エルリック兄弟(と、ウィンリィ)の歩む「人生」が、楽しみです。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

じゃあな……魂の、友よ~鋼FA感想 [鋼FA感想]

グリード!

もう、本当にクライマックスなんだね。今回もOP無しで、ホムンクルスの独白から入ります。
先週に続きタコ殴り継続中のエド。「素手で殴られる」という状況そのものに、地味にダメージ受けてますお父様。
エドの身体に食い込んだままの、機械鎧の部品が痛そうだとか。
鍛えた左手より一回り細い(そして、アルの肉体と同じく爪の伸びた)右手でガンガン殴って大丈夫?とか。
そんな事を考えつつ見てたら、不気味に膨れ上がるお父様の腹からあふれだすエネルギー。
これがパパの言っていた「神とやらの力を押さえられなくなった状態」?
実はここで、エネルギーが逆暴走してブラックホール化したらどうしようとか思ってました。
具体的に何が起こるか、責任は取れません。ただの妄想です。
そしたら、ですよ。
え? ええ? グリードピンチ? なにこれ、ちょっと待てグリード!
……ここ、時間にして3分もなかったですよね? 私、「相棒」って呼びかけられたリンと同じタイミングでホッとして、多分同じように笑ったんです。
次の瞬間が、あれ。
グリードにとって「しょんべんガキ」たちが、どれくらい大切になっていたか。最初で最後の嘘がアレですよ。彼は、お父様に取り込まれた絶対かなわない事をよく知っていた。
「来い!ランファン」の叫びは間違いなくグリードの命令なのに、飛んできたよランファン。
そして間違えない。
リンの中にいたグリードは、あの一撃で切り離されたんだね。ウロボロスの紋章が消える瞬間が、ショックだったよ。
遅めの反抗期って言葉に泣き笑い。君、何世紀も親父殿に逆らいっぱなしじゃん。前のグリードのころからずっと。
そう言いながらも、お父様の身体が黒くなったので一瞬「?」と思ったんです。でもお父様は「逆らうのか!」だし、あれぇ?? 
その答えは、グリードの炭素変化能力。確かに前から「ダイヤモンドも炭も炭素だよ」ってネタはあったけど。ここで出てくるとは。
そう考えてみると、いつもの硬化と違って見るからに脆そうだ。
「十分だ。……もう、なんにもいらねえや」
今まで積み重なって来た演出は、ここに結実。彼が強欲としての生を受けて以来求め続けていた空洞は、ついに埋まった。
 最後のグリードの台詞に涙しつつ、画面の絵が赤い一反木綿にしか見えなくて違和感バリバリでした。あれでちょっと冷めたね。

ボディに受けたダメージが大きかったのか、ついにクセルクセス人の魂を吐き出したお父様。
最終的に、黒い触手に取り込まれてしまいました。
ホムンクルスを迎える「扉の中の真理」は、白マリモ。どうも、扉を開いた人の姿を模しているらしいと今さら気付きました。
そういえば、大佐の時に一瞬出てきた真理はエドたちのそれより大人だったな。ホムも扉の向こうから来たんだっけ? だから扉があるのか。
真っ黒な扉の前に佇む黒マリモ。なんとなく「最後の審判」を連想してしまいました。
でも、奴の扉には何の図も刻まれてない。
それは「お前自身が成長してない」ことと関係があるのかな? エドたちの扉には、それぞれ違う図が刻まれてたよね。
それとも、奴はあそこから出てきた身だから、こちらの面には何もないとか。
駄々っ子のように「どうすればよかったのだ!と叫びながら消えるホムは、子供みたいでした。
……成長って、何なんだろうと考えこんじゃいましたよ。

今回は、さすがのクライマックス。内容が濃すぎてもう。
じっくり書きたいので、分けさせていただきます。
続きは、明日書けたらいいな。

余談。ゴリさんの後ろにいる男前は誰? と思っていたら。
え? ザンパノなの? あ、眼鏡がないと目元が意外と可愛いんだ(笑
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

立てよど三流! 俺たちとお前の格の違いを、見せてやる!~鋼FA感想 [鋼FA感想]

今週はずっとアルフォンスのターン!


最初にお父様と対峙するのは、自力エレベーター作成できる四人。うん。何故エドがいないのか少々混乱したよ。プライドと、ちょっと野暮用があったんだよ。
メダパニってたので、パパのキメ台詞聞き取れなくてごめん。
だから、いきなりお父様の素敵腹筋からクセルクセス人(?)がわいて出てびっくり。
え? お父様は取り込んだ魂を再生できるの? でも、肉体はないはずだよね? などと思っていたら、「身体を~」みたいな台詞がありました。
ああ、やっぱ現し身ををもたない存在なんだ。しかも全員の弱点ついてくるところがエグイ。
パパが「貴様ぁ」と叫んだあの一瞬。怒りで我を忘れたパパが防御をとれなかったところに飛んでくる凶悪攻撃魔法。

というところで場面転換。
グリード、ナチュラルに「ゴリウス」って呼んでるよ(笑)ゴリさん、訂正するのあきらめたのかな。
ふと、グリードの女性に対する特別扱いって何だろう? と思いました。
あのお父様にそんな紳士的な分別はないと思うんだ。きっと、グリードが長い時を生きている間に色々あったんだろうな。エルリック兄弟が出産に立ち会って「人間って、すげえ」と感じたのと同じ場面があったのかもしれないな。
「私は指揮官だ」と告げる少将を見つめるグリードの顔が、印象的でした。
というわけで、あの女傑を普通に女性扱いする男その2は何とグリード。私はパパかな~? と予想してたんだけど。
「私の部下は強かったろう」
この一言がもう! あのふたりには、ロイリザに負けない絆があったんだなと感無量です。

場面戻って、倒れ伏すメイちゃん。シャオメイを懐に守って倒れたの? と思ったら。
身体を張ってメイを守ったのはアルフォンスでした。うわ~ぼろぼろになってるよ(涙
今回作画がちょっと……だったのに、ここだけすっごく力入ってて。見入ってしまいました。
パパは。イズミさんとエドを守って、残る力使い果たしたのは彼の方じゃないかと気になります。
先日何気なく書いた「パパエンプティ」がシャレにならないよ。だって、パパの顔が死ぬ直前のラースやプライドと同じように荒れてきてる!
死ぬな~! パパ死ぬな! 

他の人たちはどうしてるの? エドたちがピンチとはらはらしていたら。援軍は四方八方から登場。さっき少将に「ボスがいなくても動く事が出来る軍隊だという事をお忘れですか」と告げたブリッグズ兵、総攻撃だよ! あの凶悪な攻撃を見てもひるまず出撃する、君たちすごいよ!
そして。ついに出た「外付け照準器つき焔の錬金術師」。
ここで気付いたんですが、今週大佐はずっと座頭市状態ですね。見えない目なら、閉じていた方が集中できるんだろうか?

……え? ここまででAパート?

大佐が手合わせ練成しているのを見て、今さら「ああ」と思いました。
扉の向こうから戻ったばかりで使いこなせるのはさすがというべきか。きっと、この二週間地味に手合わせ練成法を心の中でシミュレートしてたんだ、うん。
総攻撃の手は緩めません。少佐もランファンもゴリ&ザンも頑張ってる。
イズミさんと大佐のコラボ「蒸し焼き」攻撃が、なにげにすごかった。

グリードは、お父様の破壊力を見て喜んでます。え? 本当に力を横取りしてすべてを手に入れるつもりだったの? リンに諭されるシーンを見て、「あ。グリードは(本当の願いに)気付いてなかったんだ」と勝手に納得したけどいいんかな。

お父様、ついに限界。暴走したあげくエドにせまる。
ここからがもう、私には思いもつかない展開でした。ええ、凄すぎて書けない。
鋼の腕も、兄弟の魂の混線も。扉の中に送られてしまう「代価」も、メイちゃんの遠隔錬丹術も。すべてこのためにあったんだね。

茫然と見つめる画面では、エドが皆の声援を受けてガチンコ勝負中。
素手でぼこる、殴る、張り倒す、を絶賛実施中。
それを遠巻きに見つけるグリードが、やっと自分の願いを見つけました。
これはもう、アニメの演出が良かったんだろうと私は思っています。

最後のエド! あれは、懐かしの一巻での決め台詞ではないですか!
しかもあの時とは違って「俺たちと」って言ってる!
これはもう、「人間とホムンクルスの、格の違いを見せてやる」って意味に解釈して、イイよね。

というわけで、次週決着つきそうなんですが。
予告で不吉なワードを耳にしたけど、アーアーキコエナイ。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。